« 特急キト号 | トップページ | 今年もスペイン語「夏の半日翻訳コース」 »

スペイン語に訳された日本の絵本(2)

Yagyu柳生弦一郎さんのからだの絵本6冊(福音館書店)が、スペインで昨年翻訳出版されました。

『あしのうらのはなし』(1982)
Plantas de los pies

『はなのあなのはなし』(1982)
Agujeros de la nariz
『おっぱいのひみつ』(1989)
Tetas

『いーはとあーは』(1997)
Dientes
『かさぶたくん』(1997)
Costras
『おへそのひみつ』(1998)
Ombligos


版元はMedia Vaca。バレンシアから個性豊かな絵本を発信している出版社です。CLIJ(Cuaderno de Literatura Infantil y Juvenil)という児童書専門誌の5月号にのった紹介記事を見ると、文体も書き文字もオリジナル版の雰囲気どおりに仕上がっているよう。
たとえば、『いーはとあーは』の、「よっちゃんの はは どんなんかなあ?/こんあんらお。」のくだりは、??Como estan tus dientes, Yotchan? Ejtan aji. うーん、うまい!!

説明のわかりやすさ、おもしろさには、その国の読者の持つ文化が深くかかわっているものなので、知識の本は意外と国境を越えにくいものです。幼い読者にぴったり目線を合わせた、絵と文がひびきあう絵本がまだまだ少ないスペインで、知識の本としても絵本としても、とても新鮮なシリーズだろうと思います。

|

« 特急キト号 | トップページ | 今年もスペイン語「夏の半日翻訳コース」 »

スペイン語圏の子どもの本」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104495/45348460

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン語に訳された日本の絵本(2):

« 特急キト号 | トップページ | 今年もスペイン語「夏の半日翻訳コース」 »