« 「ともに育む文化 スペインx日本クリエイターの対話」 | トップページ | スペイン児童文学作家エリアセル・カンシーノ来日講演会 »

ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし―

Wed01_3『ポインセチアはまほうの花』
―メキシコのクリスマスのおはなし―
ジョアンヌ・オッペンハイム文
ファビアン・ネグリン絵
宇野和美訳
光村教育図書
本体価格 1500円

みんなが楽しそうにしているクリスマス。けれども、今年、フアニータはちっとも楽しくありません。お父さんが仕事をなくして、ポサダのおいわいをすることも、イエスさまにささげものをすることもできないからです。ピニャータも、ごちそうもありません。
みんな、真夜中になるとミサに行きますが、フアニータは教会に入ることができず、中から聞こえてくるマリアッチのクリスマスの歌を聞いています。
するとそのとき、「フアニータ」と声がしました…

読み合わせのたび、フアニータの気持ちになって胸がいっぱいになり、編集者と二人でうるうるしながらつくった絵本です。メキシコのグアダラハラの図書展に行くと、ちょうどクリスマスシーズンのはじまりの頃で、町にはたくさんのポインセチアが飾られています。そんな街角の光景を思い出しつつ訳しました。
絵は、ソリアーノ『ぼくのミラクルねこネグロ』(アリス館)の挿絵も手がけているファビアン・ネグリン。美しい色づかい。ポインセチアの赤があざやかです。

ちょっと気が早いですが、大事な人へのクリスマスプレゼントにもどうぞ。

|

« 「ともに育む文化 スペインx日本クリエイターの対話」 | トップページ | スペイン児童文学作家エリアセル・カンシーノ来日講演会 »

スペイン語圏の子どもの本」カテゴリの記事

コメント

「ポインセチアはまほうの花」を購入しました。子どもたちにも読んでやろうと思います。ひとつ質問していいですか。ファニータのお母さんが、娘をなぐさめるとき「ニータシータ」と呼びかけています。○○ちゃん、というような、親しみをこめた呼び方、ということでいいのでしょうか。

投稿: 杉原由美子 | 2010年11月25日 (木) 19時43分

杉原さま

ありがとうございます。
ご質問の件ですが、ご推察のとおりです。スペイン語は単語に、イート、イータという音を添えると、「小さい」「かわいい」という意味が加わります。フアニータは、「フアナ」という名に「イータ」がついたもので、それ自体でもいとしさや親しみをこめた言い方ですが、「ニータシータ」はそれが重なっているので、お母さんがこういうときだけに使っている、特別の呼び方だろうと思います。
注をつけようか、と編集者と迷ったところですが、あまりうるさくしたくなかったのと、流れからそれほどはずれずに意味を想像できるだろうということで、つけませんでした。

お花屋さんの店頭にも、ポインセチアが並ぶ季節になりましたね。
お子さまも楽しんでいただけたらうれしいです。

投稿: ミランフ店長 | 2010年11月25日 (木) 20時26分

さっそくのお返事ありがとうございます。
なるほど、やっぱりそうなんですね。
家族の思いやりが伝わってきます。
ポインセチアを見る目が断然違ってきました。

投稿: 杉原由美子 | 2010年11月27日 (土) 12時14分

こちらこそ!
ポインセチアの葉っぱの色は本当にきれいなので、こういうお話が生まれたのかもしれませんね。

投稿: ミランフ店長 | 2010年11月28日 (日) 00時24分

こんばんは。
私もこの絵本のファンです。小学6年生に読んであげたくて、いま練習をしています。
そして、「ニータシータ」の意味を知りたくてこちらにまいりました。思いがけず、同じような方がいらっしゃって、この言葉の心温まる意味を知ることができました。
大変参考になりました。子どもたちに心を込めてこの絵本を届けます。ありがとうございました。

投稿: Ichihara | 2014年11月21日 (金) 19時23分

Ichiharaさま、ありがとうございます!
私も大好きな絵本なので、小学校6年生に読んでいただけてうれしいです。今日、花屋さんで見つけて、ポインセチアの鉢植えを買ってきたところです。

投稿: ミランフ店長 | 2014年11月21日 (金) 19時59分

ブログでこちらサイトを紹介させていただきました。
この季節になると、作品を朗読して楽しんでおります。
美しい絵となめらかな日本語がマッチして、声に出してよみますと、こころが穏やかになります。

良いクリスマスを∴‥∵‥☆

投稿: kibunnya | 2015年12月 2日 (水) 15時53分

kibunnyaさん、コメントありがとうございます! ちょっと家をあけていたため、返事が遅くなって申し訳ありません。ご紹介いただいてうれしいです。
メキシコではこの季節、あちこちにポインセチアの花が飾られていて、とてもきれいです。日本の子どもたちに、メキシコの子どもたちに親しみをおぼえてもらえたらうれしいです。
今、http://unokazumi.blogspot.jp  というブログで、翻訳の話を中心に紹介しています。よろしければ、そちらものぞいてみてください。

投稿: ミランフ店長(宇野和美) | 2015年12月 5日 (土) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104495/49609516

この記事へのトラックバック一覧です: ポインセチアはまほうの花―メキシコのクリスマスのおはなし―:

« 「ともに育む文化 スペインx日本クリエイターの対話」 | トップページ | スペイン児童文学作家エリアセル・カンシーノ来日講演会 »