« making of 子どもの本でラテンアメリカめぐり展 | トップページ | ラテンアメリカ・チャリティー・ビュッフェ・ディナーのお知らせ »

多文化に出会うブックガイド

201103_06_37_c0003637_2154319『多文化に出会うブックガイド』
世界とつながる子どもの本棚プロジェクト編
読書工房
本体価格1800円

本書は多文化に関する本、655点(シリーズを含む)を紹介した画期的ブックガイドです。オールカラーで、なんと、全点表紙写真入り。

全体は次のような3部構成です。
1、多文化社会を生きるための本棚
アーサー・ビナードさん、関野吉晴さん、さくまゆみこさんなど、各分野で活躍中の方々の、それぞれの経験にもとづいたメッセージとともに、関連する本を紹介しています。
アイヌ、沖縄、韓国など、国内の多文化状況も扱い、多文化をさまざまな角度から切り取った、とても示唆的な部分です。
2、異文化と出会うための本棚
世界を8つの地域に分けて、それぞれの地域性や文化がわかる本を紹介しています。各地域の冒頭には、地域ごとの特色を切り口にしたブックトークも。
3、多文化理解のためのナビゲーション
実際に多文化にかかわる現場で活動している方の実践報告を集めています。

実は、私もこのプロジェクトの一員として、3年前から話し合いを重ねてきました。
特に中南米の箇所で紹介したDVDを含めた46タイトルは、「日本ラテンアメリカ子どもと本の会」のメンバーで書誌を分担しています。
英語圏の視点ではなく、ラテンアメリカの独自性を押さえ、これほどまとまった形で愛情をこめて、ラテンアメリカに関する児童書が紹介されたのは、これがはじめてではないかと思います。

小学校、中学校で、外国のことを学習するときの本選びにも、大いに役に立つでしょう。復刊への望みもかけて、絶版の本も掲載していますので、それらは公共図書館からとりよせてご覧ください。

世界とつながる子どもの本。ついつい下向き、内向きになりそうな今だからこそ、このブックガイドを参考に手にとってみてほしいです。

学校の先生、司書教諭の先生、読書指導員、公共図書館の方、外国に興味がある方、外国人支援にかかわっている方々……、ぜひぜひご活用ください。

|

« making of 子どもの本でラテンアメリカめぐり展 | トップページ | ラテンアメリカ・チャリティー・ビュッフェ・ディナーのお知らせ »

子どもの本」カテゴリの記事

コメント

(史)氏に紹介していただき、購入しました。
まだ少ししか見ていないのですが、丁寧に作られている本なので、ゆっくり読ませていただきます。

ざっと見たところ、学校図書館にはここに紹介されている本が50冊ほどあります。
そこで、今年の目標!

まず、この本を参照して本を購入する。
次に、国別にリストを作る。
そして、図書委員の児童にそのリストから国と本を選んでもらって、紹介文と旗を作ってもらう。
秋の読書週間で、本や旗を掲示する。
このような提案をしようと思います。

素敵な本を、ありがとうございます。

投稿: おくだ | 2011年5月 4日 (水) 17時11分

おくださん、お久しぶりです。ご購入、そしてステキなコメントありがとうございます。
(史)さんは、最強の宣伝部長です(笑)

国別で本の紹介、楽しそうですね。ガイドにない本でも、この本にこんな国が出てきたというのを探せたら、さらに楽しくなるかもしれません。いろいろありますから。
Y市はすばらしい読書指導員さんがそろっていて、子どもたちは幸せだと思います。これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: ミランフ | 2011年5月 4日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104495/51526732

この記事へのトラックバック一覧です: 多文化に出会うブックガイド:

« making of 子どもの本でラテンアメリカめぐり展 | トップページ | ラテンアメリカ・チャリティー・ビュッフェ・ディナーのお知らせ »