« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年12月

2011年下半期の仕事

<翻訳>
アルフレド・ゴメス=セルダ著/鴨下潤挿絵『雨あがりのメデジン』(鈴木出版)2011.12
ハイロ・ブイトラゴ文/ラファエル・ジョクテング絵『エロイーサと虫たち』(さ・え・ら書房)2011.9

<ほんのちょこっと執筆>
中川素子・吉田新一・石井光恵・佐藤博一編集『絵本の事典』(朝倉書店)2011.11
(pp.248-249 スペイン の項目)

<雑誌>
・ミランフ洋書店 ただいま開店中(イスパニア会会報第39号、pp20-21)
・知られざる一面に光を当てる スペイン南部の文化史、社会史、大衆文化―『集いと娯楽の近代スペイン』書評(週刊読書人 2011年11月25日号)
・ マイノリティーの叫び―スペイン語圏―(日本児童文学9-10月号 特集翻訳の舞台裏)
・Simón el bobito まぬけなシモン (NHKテレビでスペイン語 9月号巻末Leer y cantar)
・子どもの本で日本とラテンアメリカをつなぐ(日本児童文学7-8月号 児童文学のとなり)

1年を通して見ると、翻訳書は5点出版されましたが、そのうち『侍とキリスト』は5年前に訳し終えていた作品。お蔵入りかと思っていたものが日の目を見ました。
あとの4点の子どもの本は、どれも自分で見つけ、売り込んで出版にこぎつけた作品。

仕事としては、今年はこのほかに、イスパニカの講師として3本の通信添削講座(「童話で学ぶスペイン語」「児童文学翻訳」「物語を読もう」)と、6月からの講読講座を担当。スペイン大使館のニュースパニッシュブックス の春の回の委員を務め、4月から武蔵野大学非常勤講師として大学生にスペイン語を教えるようになりました。
同じく5月からJBBY(日本国際児童図書評議会)の理事となり、10月のショーン・タン氏来日講演会の実行委員、日本ラテンアメリカ子どもと本の会で12月に「開いてみよう!見てみよう!子どもの本でラテンアメリカめぐり展」の開催なども。

震災を経て、私たちはどんな未来に向かっていくのか、問い返しつつすごした1年でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年3月 »