« 2012年度の仕事 | トップページ | ラテンアメリカの絵本の楽しみ&しんぱいひきうけ人形づくり »

絵本『パパとわたし』

127_3 『パパとわたし』

マリア・ウェレニケ作
宇野和美訳
光村教育図書
本体価格1200円
わたしがパパといっしょにいたいと思うとき、パパはいっしょにいたくなかったり、その逆だったり。そして、ふたりともいっしょにいたいと思うときもある。父と娘のその時々、それぞれの思いを繊細に描いた詩情あふれる絵本。
ウェレニケは、アルゼンチンで人気上昇中の絵本作家。スペインのオドリオゾーラもそうですが、この作家も、シンプルな余白のある、沈黙で語りかけるような画面構成が印象的。
オリジナルはブラジルで刊行されています。「ポルトガル語なんですけれど」と編集者に声をかけられたとき、「ダメダメ、できません」と答えたのですが、聞いてみるとウェレニケとのこと。なら、オリジナルはスペイン語じゃないの、というわけで訳すことに。
出来上がった本を手にしたとき、私の地元で長く文庫をなさっていたYさんのことを思い出しました。文章を書くのが好きで、冬になると毛糸の帽子をかぶり、とっくりのセーターを着て、ひょうひょうと九条やアンネの話をし、みんなのすることを楽しそうに眺めていたYさんと、このパパの面影がどことなく似ていて。
アルゼンチンのとびきりすてきな絵本、大事な人といっしょに楽しんでもらえたらうれしいです。

|

« 2012年度の仕事 | トップページ | ラテンアメリカの絵本の楽しみ&しんぱいひきうけ人形づくり »

スペイン語圏の子どもの本」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104495/56632715

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本『パパとわたし』:

« 2012年度の仕事 | トップページ | ラテンアメリカの絵本の楽しみ&しんぱいひきうけ人形づくり »